top of page

Washi Meets Art Festival 2024

土佐和紙に魅せられた国内外のアーティストによる、4つのパフォーマンスと2つのワークショップを開催します。会場では話題の飲食店や和紙雑貨のショップも登場!国際色豊かで多彩なプログラムが皆様をお待ちしております。夏休みの思い出に、ぜひ、Washi Meets Art Festivalへお越しください。

 

ミニパフォーマンス

​8月16日(金)

チャドちゃん写真.jpg

舞書家 CHAD.による

特別ミニパフォーマンス
 

舞書家 Chad.

書は我流。20歳の頃大阪路上にて、瞳をみて即興で言葉を書き下ろす路上詩人として活動開始。以後、音に合わせて舞いながら大胆に書く独自の演舞『舞書』を大成。70mの土佐和紙を持ち歩きながら演舞した欧州単独ツアーが話題となり『世界の果てまでイッテQ!』出演。他『月刊Voice(PHP研究所)』、海外公演メディア多数。

1対1体験型パフォーマンス

8月4日(日)

体験型パフォーマンス クレジットPhoto by AlexFortes.jpg

Nina Vogel ConCordis - the Heart
アーティストが観客一人のために贈るスペシャルな体験型パフォーマンス

言葉を使わず、人形と音楽のみで感覚的な旅へと誘います。

ワークショップ

8月20日(火)

エマとガガ1.JPG

子どものためのモノタイプ版画WS

フランスから1年2ヶ月かけて自転車でやってきた、エマとガガ。2月から長期でいの町に滞在して、和紙を勉強しながらアートを作っています。そんな2人がかんたん版画ワークショップを開催します。

 

日時 8月20日(火)10:00‐11:30(小学校1‐3) / 13:30‐15:00(小学校4-6)

会場 紙の博物館2階展示室

対象者 小学生のみ

定員 各回5名

参加費 500円(入館料込)

予約方法 いの町紙の博物館まで 088-893-0886

https://kamihaku.com

主催 いの町教育委員会事務局、伊野公民館

参加者募集

8月1日(木)締切

Mirai2024

土佐和紙未来プロジェクト「わ(た)しと空」参加小中高生を募集!
​一緒に和紙を学びながらダンスしよう!(ダンスや演劇未経験でも大丈夫!)

ワークショップ&ミニ発表会 

8月3日(土)

Me&Puck.jpeg

Nina Vogel 

“THE PUPPET'S VOICE”

 

パペットを作って声を与えてみよう。

物やおもちゃで遊ぶとき、声を作り、人形になりきったことはありますか?

靴下や布切れで人形を作り、実際に操って、みんなで発表してみましょう。

Paper

Washi+Performing Arts? Project vol.8

Paper

TC_paper.jpg

作・演出 Tze Chien Chong

高知県立美術館ホール 8月16日(金)
開演13:30 /   開演19:30

シンガポールの戯曲家で演出家のチョン・ツェシエンさんを招へいし、演劇作品を上演します。2018年リサーチ、2019年にショーケースを終え、コロナの感染拡大により延期されていた舞台ですが、満を持して今回本公演に踏み切りました。

 

<あらすじ> 

海外で絵画などの修復を生業としている修復師の高野は、ノルウェーの博物館から「修復には良質な和紙を使え」という条件と共に美術品修復の依頼を受ける。依頼主から渡された石井という和紙職人の名刺を頼りに数十年ぶりに日本へと帰国し、高知県いの町へと向かった彼に告げられたのは「石井さんはひと月前になくなった」という言葉だった。そして彼は、和紙という伝統の「過去」と「現在」に足を踏み入れていく。

 

出演 井上貴子、立本夏山、浜田あゆみ、原 啓太

<プロフィール>

Tze Chien Chong(チョン・ツェシエン)

シンガポール在住の演出家・戯曲家。劇団 The Finger Players 主宰。

Singapore Dramatist Award、The Straits Times Life! Theatre Awards受賞。著作であるTurn By Turn We Turn では年間最優秀作品賞・最優秀演出家賞を受賞する他、 Poop!、Between the Devil and the Deep Blue Sea で最優秀演出家賞受賞。シンガポール演劇界への貢献を評して、シンガポール国立芸術協議会より 2006 年に若手アーティスト賞も受賞している。日本での活動も活発で、アジア舞台芸術祭に招聘され、東京で「うえる」の作・演出を務め、シンガポール国際演劇フェスティバルにて三島由紀夫の「綾の鼓」をテーマにした作品の上演など、シンガポール国内外で精力的に活動している。

 

Paper Work in Progress

Paper Work in Progress

動画を見る

土佐和紙未来プロジェクト2024

わ(た)しと空

高知県立美術館ホール 
8月16日(金)
開演15:30 

「空」をテーマに、公募で集まった小中高生たちがたった5日で舞台公演を生み出します!

あなたはどんな空が好きですか? どんな時に見る空ですか?

 

それはどんな色をしていますか?

空は時に、その美しさで人々の心を癒し、新しい可能性を感じさせてくれます。

 

空に飛ばす凧、紙風船、気球、飛行機、、、

戦争中には和紙で作られた気球が戦争の道具に使われることもありました。

 

まもなく戦後80年を迎えます。平和で楽しく、美しい和紙が永遠に続きますように。そんな願いを込めて、小中高生たちが自らのアイデアと情熱を注ぎ込み、わずか5日で創り上げた舞台をお楽しみください。

演出チーム 金崎洋一、中村理、奥萌

出演 公募で集まった小中学生を中心に、高校生〜大人 25名程度

Mirai2024
アンカー 1

Time Table

8月16日(金)

高知県立美術館ホール

12:30 OPEN 

ロビー開場(飲食・雑貨の出店あり)

「Paper」   13:30 開演

     休憩★

 

「わ(た)しと空」 15:00開演

     休憩★

「Paper」 19:30 開演             

※ロビーへは開演の1時間前よりお入りいただけます。

休憩〜飲食・雑貨出店、ミニパフォーマンスあり〜

​ミニパフォーマンスにはチケットが必要です。

Paper

一般 3000円

高校生以下 1500円

(当日500円)

わ(た)しと空

一般 2000円

高校生以下 1000円

(当日500円)

セット券

一般 3800円

高校生以下 2000円

(当日500円)

応援チケット(セット券)

一般 5000円

 Washi+の活動を応援するチケットです。

来場できる方:指定席へのご案内と、ささやかな和紙雑貨のプレゼント付き。当日会場にてお渡しいたします。

来場が困難な方:本番の映像を公演3ヶ月後を目安に共有いたします。またささやかな和紙雑貨のプレゼントを郵送いたします。

 

<各種割引>

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳などをお持ちの方(高校生以下料金と同じ)

チケット料金

予約方法

①氏名 

②タイトルと時間

③券種と枚数(一般or学生or各種割引該当の場合) 

⑤電話番号 をご記入ください 

 

※お支払い方法については、返信に記載いたします

出店者:equivalent / せんだんの木 / 歩屋 / 豆匠庵 / ゆるっと和紙の会

※飲食はホワイエのみ可能です。劇場内にはお持ち込みいただけませんのでご了承ください。

予約方法

「Paper」「わ(た)しと空」
主催:Washi+ 共催:高知県立美術館

後援:いの町教育委員会、(一社)高知県製紙工業会、高知県手すき和紙協同組合 

協力:尾崎製紙所、かみこや、十川泉貨紙、田村寛 、友草喜美枝、黒石正種・菊野、中井正惠、 山本忠義、高知演劇ネットワーク演会

舞台監督:領木隆行 照明:中嶋敏雄(株)四国舞台テレビ照明 音響:音響:久川俊秀(株)四国舞台テレビ照明 通訳:浜口真衣 宣伝写真:Saulo Haruo Ohara

プロデューサー:浜田あゆみ 制作:山浦日紗子 制作補佐:池田綾・福岡奈織(Washi+) 記録映像:黒川貴

Washi Meets Art Festival 2024

主催:Washi+、La forêt(ラ・フォレ)

プロデューサー:浜田あゆみ、山浦日紗子

制作補佐:辰己ゆり(Spoon)、古谷亜沙美(奏華舎)、内田海宇(Washi+)、門田瑠菜  協力:鹿敷製紙(株)、Equivalent、西本一弥

後援:高知県教育委員会

広報物デザイン:立木幹生

bottom of page